空気集熱式パッシブソーラーシステム

「びおソーラー」とは、太陽熱で空気を温めて床下に送り蓄熱し、

その輻射熱を利用して室内の空気を温めるパッシブソーラーシステム。

太陽熱利用というエネルギーを必要としない暖房方法は
環境にやさしく、また住む人にとって快適かつ経済的です。
太陽は照明器具であり、暖房器具でもあり
自然エネルギーを活用するこのシステムは普及していくべき技術です。

太陽の光を工夫して取り入れ室内を明るくしたり
温めたりすることをパッシブデザインと言います。
パッシブデザインに「びおソーラー」を加えると
昼も夜も室内は暖かくなります。

びおソーラーは窓より有利な屋根面での集熱です。
温められた空気をファンで床下に送るとコンクリートに蓄熱されるのです。
夜になって室温が下り始めるとコンクリートに蓄えた熱が
徐々に放熱をして室内の空気を一定の温度に保つことができます。
これは太陽熱を無駄なく有効に利用する集熱~蓄熱~放熱という流れになります。
必要な部材点数が少なく、時代が要求する新しい考え方なのに使用する部材はローテクなものばかり。太陽の光という自然エネルギーを利用して「空気を温める」ことに特化したシンプルなパッシブソーラーシステムです。

びおソーラーは床下エアコン暖房に必要となる工事と重複する工種が多く
併用すると、より効果を発揮します。

『高気密・高断熱 × パッシブデザイン × びおソーラー × 床下エアコン』

太陽光という自然エネルギーを活用した暖房方法は経済的で
寒い冬でも少ないエネルギー代で暖房できます。