山手スタンダード

『次世代のスタンダードとなるべき技術や考え方を取り入れた山手工房のフラッグシップモデル』
「良い品質」 「長持ちするデザイン」 「自然素材の深い味わい」をベースに
永く住み続ける居心地のいい家を
「自分達のスタイルでつくろう」ということが出発点。

住まいづくりの基準
「山手 standard」の家づくりの原点は永く住み続けるということにあります。
そのことを自然素材と木の家の良さをベースに
丈夫で安心な構造、流行に左右されないデザイン
心の快適さという心理的な機能など
次世代へと受け継がれる家を 「良いモノ」 と 「先進の技術」 でつくります。

「永く愛着を持ち気に入ったものに囲まれて暮らしたい」
こういう人は多いはず。しかし、それができないのは
長期的な安全性に不安が生じたり
必要な機能を満たせなくなり
デザインにも飽きたりするからではないでしょうか。
大きな買い物である家こそ生涯愛着を持ち続けられるものである必要があります。

『永く住み続ける家をつくる』

丈夫で安心な構造
地震・台風・竜巻・豪雨など、近年は自然災害が頻発化してきています。
自然災害にも丈夫で安全な家をつくることが大切で
耐震性、耐風性に優れた構造力のある家をつくります。
木の家の大敵はシロアリや腐朽菌の発生による構造部分の劣化です。
土台や柱には、優れた耐久性が証明されている国産のヒノキを使用します。
基礎は構造的強度の確保と地中からの湿気を防止するベタ基礎を標準としています。
基礎工事を施す前には地盤調査を行い、必要があれば地盤強度対策工事を行います。
地盤と家の構造、雨漏りに関しては10年間の保証がつきます。
耐久性・維持管理性・劣化対策等級など、家の寿命に直結する性能は国が定める基準の最高等級を確保しています。構造部分は完成してからは見ることができませんが、長期優良住宅にも対応する丈夫で長持ちの構造です。

.
流行に左右されないデザイン
デザインのコンセプトは流行に左右されず飽きのこない上質なベーシックスタイル。
美しく機能的なものは永く付き合えるという考え方です。
上質な素材の持ち味をいかしながら手技を生かした確かな技術でつくる豊かな空間は、木や土といった素材の表情と温もりを感じる色がデザインの中心で年月が経過するほどに住む人と町に馴染んでいきます。飽きのこない本物のデザインは次世代へと受け継がれ、日本の家が持つべき次世代のスタンダードを追求しています。

.
家をつくるなら自然素材で
自然素材の最大の特長は室内の空気質にあります。
化学物質の原因となる石油を原料とした素材とは一線を画す空気質の家になります。
自然素材の第二の特性は吸放湿機能。無垢の木床、漆喰や珪藻土などは湿度の高い時は湿気を吸収し、湿度が低くなると放湿して室内の湿度を調整する働きがあり一年を通してさわやかな室内にしてくれます。家をつくるなら呼吸する自然素材が最適です。
素材選びのもうひとつの基準は長い先にも手に入れられる素材を選ぶということ。
既製品のフローリングや木目をプリントした造作材は、長い先にメンテナンスが必要になった時は間違いなく同じものはありません。また、それらの既製品は、新築時が一番美しく年月の経過と共に残念ながら色褪せていきます。無垢の木と自然素材で仕上げられた家は、年月の経過と共に落ち着き味わいが増していきます。

.

永く住み続ける家を求めて

永く住み続ける家をつくるために何が必要で、必要でないか。
これからの家の基本はどうあるべきなのか。山手工房では、この七点に絞りました。

①自然災害にも丈夫で安心な構造の家
②流行に左右されず飽きない家
③地域の気候風土を取り入れた
④自然素材と手技を用いた家

⑤耐久性の高い国産の木を用いた家
⑥自然エネルギーを上手に活用した家
⑦手頃な価格で建てられる家

これらはどれひとつとっても、見逃すことのできない基本的なことばかりです。
この基本さえしっかりしていれば、あとは住まい手が自由に好みに従って何でもやればいいと言えます。

伝統の知恵と新しい技術を融合する
古い日本家屋が持つ知恵や工夫を取り入れながら、新しい技術・考え方を積極的に採用しています。例えば、「夕照の家」では耐震性は建築基準法が定める1.27倍の強度を確保しています。断熱性能はこの先に改正される建築基準法にも適合する家です。新しい技術を採用することで高い数値、性能を実現しました。
その一方で、伝統の知恵も採用しています。先人の知恵は自然エネルギーをうまく使うことにあり、それは古い日本家屋の深い軒の出にカタチとして表れています。近年は工事コストの削減やエアコンで涼をとる暮らしが一般的になり、夏の厳しい日射を遮る深い軒の家は少なくなってきていますが、古きを知り新しきを提案することが山手工房の変わらない姿勢です。

.

国産の木を用いる
温暖で降水量の多い尾鷲地域。年間平均気温15℃,年間降水量5000mmという温暖で湿潤な気候。腐朽菌の生息に好ましい過酷な気候条件の中、70年、80年と生きぬいた尾鷲ヒノキは「選ばれた木」であって、森の中の腐朽菌から自らを守る成分を持っています。山手工房が国産材の中でも尾鷲ヒノキにこだわるのは、芳香が強く油分が多く木の家の大敵であるシロアリや腐朽菌から守ってくれるからです。家の長寿命化を最優先に考えた結果、選んだのがヒノキであって、その産地は「尾鷲」が最適と考えています。

びおソーラー(空気集熱式パッシブソーラーシステム)
山手工房がつくる全ての家に共通しているのはパッシブデザインです。パッシブデザインとは受動的な太陽熱利用を言い、冬は大きな窓から太陽の光を取り入れ室内を暖め、夏は深い軒庇で太陽の光を遮る設計の工夫です。寒い冬に太陽熱で得た熱を逃がさない工事の工夫や夏の厳しい日差しを遮る建築的工夫にも早くから取り組み快適な温熱環境の家をつくってきました。
びおソーラーは太陽光の降り注ぐ屋根で集熱し、暖められた空気をファンで床下へ送り込み、蓄熱コンクリートに熱を蓄え、その放熱で家をまるごと暖房するこれからの時代のパッシブソーラーシステムで、ダイレクトゲインと呼ばれる手法で暖房効果を得ようとするシステムです。

無垢の木でつくる
山手工房が無垢の木にこだわって家を作っているのは、無垢の木は新建材にはない経年変化の美しさがあるからです。新建材でつくられた家は新築時は美しいのですが、年月が経過すると残念ながら陳腐化していきます。
「使いこむほどに味わい深くなり、年月が経過するとより美しくなるように」
木の家にこだわり、使用する樹種まで選び抜いている理由はここにあります。

手技を生かす
近年の家づくりは、山のようにあるカタログの中から商品を選びだして寄せ集めてつくる家が一般的になってきています。山手工房では既製品では得ることができない素材感や温もりを大切にして、キッチンや浴室などは手技を生かしてつくります。必要な部材をパーツ毎に仕入れて、木と手技を組み合わせて潔くシンプルにつくり、永く飽きないものにします。

ページの先頭へ